貸切バスを利用するにあたっての様々なメリット

地域の集まりや友人との旅行、親族の冠婚葬祭などで貸切バスは非常に有効な移動手段です。個人で車を動かすとなると一人に運転が集中します。個人タクシーであれば何台も使用せねばなりません。時間や労力だけでなく費用も多く掛かります。また、バスや電車など公共交通機関を使った移動は何かと面倒なことも多いでしょう。そのような時に有効な手段が貸切バスです。
今回は貸切バスを利用するメリットをまとめてご紹介します。

レンタカーや個人の車で移動する際に、誰が運転をするかは大きな問題です。運転手一人に負担がかかる可能性も高く、長距離を運転する場合は安全性についても考えなければなりません。その点貸切バスであれば経験豊富なプロのドライバーが運転するため安心安全です。
バスの種類は様々で、大型車や中型車など多数の種類があるため人数や目的に応じて選択することが可能です。

また、旅行やイベント時に貸切バスを利用する場合、バスだけ手配して運転は自分たちで行おうと思うかもしれません。少人数であればレンタカーとして車だけ手配することもできますが、大型や中型のバスだとそうはいきません。以前はマイクロバスを借りて普通免許のみで運転することが可能でした。しかし、現在は道路交通法の改正により乗車定員が11人以上な場合には中型免許もしくは大型免許が必要です。個人でその免許まで持っている人はなかなかいないのが現状でしょう。貸切バスであれば免許を持っているプロのドライバーがいるため安心して任せることが可能です。

そして参加者全員で移動することができることもメリットです。個人の車、もしくはタクシーで移動を試みる場合、何台にも分けて移動する、もしくはピストン移動するしか方法がありません。当然自分たち個人で運転を行うとしたら、慣れない土地での運転になり負担がかかります。運転手の労力負担も相当なものでしょう。
また、タクシーの場合思っていた以上に料金が高額になり、移動費だけでコストがかかってしまうことも多く見られます。
その点貸切バスであれば、誰か一人に労力がかかるわけでもなく、楽しく移動することが可能です。途中ではぐれ、連絡を何度も取り合わなければ合流できないということもありません。運転手だけが会話に入れずずっと運転に集中しなければいけないということもなく精神的にも全員が楽です。心にも楽しむ余裕が生まれ、参加者全員の思い出として残る良い旅になるでしょう。